Monday, December 22, 2014

141221 Sony α5100+ E 30mm F3.5 Macro

Sony QX-1を注文していましたが、なんと2ヶ月たっても品薄状態で手元に届かず。
同時に購入していた30mm F3.5 Macroのレンズだけ手元にある状態でした。
返品しても良かったのですが、これもなにかの縁ということで、
α5100のボディを購入しました。

愛犬を夜の室内で撮ってみましたが、液晶画面でのピントの確認もかなりの高精度で
できる。液晶画面をチルトできるので、低い位置からでも画面が見やすいです。
45mm相当の標準画角。写真にハマって最初の1万枚練習しつづけた画角と
ほぼ一緒。懐かしの画角です。


DSC00142


DSC00145


DSC00136


DSC00107


DSC00070

この愛犬君、
毎朝私と一緒に走ってくれています。すごく嫌そうに(笑)
今朝は一緒に5km走ってきました。
一緒に走ってくれる彼に感謝です。




Friday, November 28, 2014

141128 二年

http://kotarosphoto.blogspot.com/2013/11/131125.html
を書いてからさらに一年経ちました。あっという間です。

Untitled
iPhone 5s

お恥ずかしながら来年4月に退社する予定はもう少し後になりそうですが、
今は一年前には想像もしていなかったことをしています。
小学生の先生をさせていただき、
ビジネススクールで経営の勉強。
いかに自分が無知で未熟かを思い知らされる毎日ですが、
それだけ毎日何かを学べているということだと思います。

自分の夢は何か、常に考える。
そして、実現したい夢に向かって毎日コツコツ、
努力を積み重ねるしかありません。

Untitled
iPhone 5s

全てのことに感謝すること。
人間力を高め磨き続けること。
能力をつけること。

徐々に力がついて、一歩一歩が
より力強い一歩に変わっていくはず。



Thursday, January 09, 2014

140109 Give Love to Everything & Everyone

昨年末咸臨丸乗組員の子孫の方とコルマ日本人墓地に 行って来ました。そこに葬られている源之助さんの子孫のご家族。 私の祖先も同じく乗組員だったご縁で。


Untitled
iPhone5

こうしてアメリカにしても、何にしても道を切り拓いて下さった先人のおかげで今私達が生かされています。心から感謝です。

Give love to everything you love and appreciate.
Give love to things you appreciated in the past, you loved in the past.
Give love to things you appreciate now and love now.
Give love to things that you love and that will happen in the future.

Give no feeling to things you don't like
Give no feeling to things you are uncomfortable.

 何ヶ月か前に、友人にThe Secretという映画について教えていただきました。
同じ作者が書いたThe Powerという本もあり、そちらの方が評判が良いので、読んでみました。また、Audibleで聞いてみました。心から納得する内容ばかりでした。一言で言えば、

全ての事に愛を捧げる。

ということ。
自分が好きなことに愛を捧げる。目の前の仕事に愛を捧げる。
生活を共にしている家族に愛を捧げる。
感謝するということも愛を捧げるということ。毎朝起きたら
今日も生きていることに感謝する。空気をすえていること。
おいしい水が飲めること。自分を活かしてくれるために働いている
体の全ての細胞に感謝する。そう思うだけで本当に心の
中が洗われてくる感覚があります。パワーが溢れてきます。

過去に起こった嬉しいことに心から感謝する。
今起こっていることに感謝する。
未来に起こることに感謝する。愛を捧げる。

不愉快なことや、面白くないことがあったらどうするか?
Give no feeling。そういうことに対しては自分の感情を与えない。
Ignore it.  これは、以前読んだピーター・セージさんの本にも
書いてあったことを思い出しました。何か不愉快なこと
面白くないことが起こったら、ただその事実が起こっている
ことを認識する。一分間、あー、起こっているなって、
何の感情も与えず、なんの評価もせず、やりすごす。

生きている全ての時間、愛を捧げ、感謝して
目の前のことに打ち込む。

Give no feeling to anything you don't like.
Give no feeling to anything uncomfortable.
Ignore things you don't like
Ignore things you are uncomfortable.
嫌いなものや、落ち着かないもにには、感情を与えない。自分が
それについてどう感じているかという評価すら与えない。
Ignoreし、Give No Feelingなのだ。

Instead,

Give love to everything you love, Give love to everything you appreciate
in the past, at present, and in the future.
自分が大好きなことに愛を捧げる。感謝していることに愛を捧げて、感謝する。
過去に起こった嬉しいことに感謝する。今起こっていることに感謝する。未来に
実現する夢を明確に描き、実現したことに感謝する。


 そう毎日、毎日、常に心がけて生きようと思いました。





Saturday, December 28, 2013

131229 なんのために生きているのか

何のために生きているのか?
何のためにこの世で残された命、いつ終わるか
分からない命を使っているのか?

Untitled
iPhone5

愛を捧げるために生きているのだと思います。
そして、よりたくさんの人に愛を捧げ、この世界が愛に満ちた
素晴らしい世界になるように 、自分の命を使う。

Untitled
iPhone5

たくさんの愛を捧げられるようになるためには、
自分自身を成長させ、それだけの能力、器がある人に
ならなくてはなりません。

Untitled
iPhone5

そのために、
1. 目の前のことに愛を捧げる。
2. 成長のための自己投資のために愛を捧げる。

この二つ。

自分の愛を何に捧げるのかを、常に考えて、
プライオリティをつけて、目の前のことと、成長のためを
バランス良くしていくことが大事だなと思いました。

Untitled
iPhone5

考えてもしょうがないこと、ネガティブなことを考えたり、
くよくよ悩んだりしても、愛は生み出せない。

考えても仕方のないことは考えない。
そういうことすら考えないようにするために、

自分の命をどこに使うのか?何に愛を捧げるのか?
いつもプライオリティ付けをして生きていこうと
思いました。


Untitled
iPhone5

目の前のことに愛を捧げる
- 家族、両親、祖先、親戚、同僚、友人、すれ違う全ての人、
- 仕事に愛をもって取り組もう。課題に愛を持って取り組もう。-仕事を作り出してくださった会社、創業者に、上司、
お客様にパートナーさんに感謝して取り組もう。
-会社で働いているすべての人:警備員さん、お掃除の方、
全ての人に愛を持って接しよう。
- 毎日生きていることに感謝。衣食住に満たされ、
朝起きれば、空気が吸える。おいしい水が飲める。
地球が存在することに感謝しよう。
- この世に生を授けてくださった両親、全ての祖先に感謝しよう。
- 毎日安全に暮らせる世界を作ってくださった世界の全ての人、
先人に感謝しよう。
- 補習校の保護者会で関わる全ての人に感謝と愛の気持ちを
持って接しよう。


Untitled
iPhone5


成長のための自己投資
- audibleでひたすら英語の本を聞く。
- Wall Street Journalを毎日読む。Liveを見る・聞く
- ビジネス・哲学の本をメインに読む
- 月刊致知を読む
- 筆ペン・写経の練習
- 来年からすることへの準備
- 人に会う。話を聞く。世界一の聞き上手になる。
- 相手の隠れたものを引き出せるように。シナジー効果を
出せる人間になる。成長の波長が会う人と出会うはず。
- 日々の心がけを忘れない:人間力を磨く。揺るぎない軸を持てるように

目の前のことに愛を捧げる。
成長のために愛を捧げる。
私はこの二つに集中すると決めました。
具体的に何に愛を捧げるかは頻繁に考えなおそう。

時には、愛を捧げていたことや人が
自分のコントロールの及ばない状況になってしまう
こともあるのだと思います。
今後起業をすれば、自分の会社から去るという
決断をする人もいるかもしれない。
お客様が別の会社に奪われるかもしれない。

でもそういうことを、いつまでもクヨクヨ考えるのではなく、
どうしたら愛を捧げられるのか?常に
何に愛を捧げるのかに集中する。
それが、大事なのだと思いました。
 
考えてもしょうがないネガティブなことや、
コントロールのできないことに気を取られることもない。
ネガティブなことを考えるということは、自分の心を
暴れ馬に乗せてしまうということ。

私はそうはしないと決めました。

コントロールできないことをコントロールしようと
したり、自分勝手な期待をするのは、
暴れ馬に乗ること。私は乗らない。

私は、愛を捧げることに命を使うと決めました。
愛を捧げる。そして、捧げられる愛のキャパシティを
大きくする努力をし続ける。
そうして生きていこうと、改めて思いました。

写真は11月に日本に行った時に食べたラーメン・牛丼等。
美味しいラーメン、牛丼、うどんに、感謝し
愛を捧げました(笑)